小池さん〈緩和ケア認定看護師〉

その人らしい人生を送るためのサポートができるよう、
日々努力したいと思っています。
〈 緩和ケア認定看護師 〉

もともと緩和ケアに興味があり「自分自身の知識・技術を根拠に基づいたものにしたい、ケアが必要な患者さんや家族に対しより専門的で個別的な介入ができるようになりたい」と思い認定看護師を目指しました。
緩和ケア認定看護師は、疾患過程や治療に伴う疼痛や呼吸困難、嘔気、浮腫などの身体症状、うつやせん妄などの精神症状など幅広い苦痛の緩和や、疾患過程で患者とその家族が抱えるストレスや様々な心のつらさに対応しています。現在は看護外来でがん患者管理指導料の算定と共に、患者や家族からの相談に応じたり、主治医やスタッフからの依頼で症状コントロールの相談や直接的ケアを行っています。
「早期からの緩和ケア」、つまり診断期からの介入が患者さんの人生のQOLを向上させることが明らかになっています。緩和ケアは終末期のものだけではありません。必要なときに必要なケアを受けられるよう、その人らしい人生を送るためのサポートができるよう、日々努力したいと思っています。

先輩インタビュー