重要なお知らせ

高見さん〈ママさんナース・救急外来〉

子どもがいることが仕事の活力に。
今は現状を維持しつつ、ゆくゆくは視野を広げて働きたい
〈 ママさんナース 中途入職 看護歴6年目・救急外来 〉

高見さん

入職した理由は何ですか?

学校を卒業してからは3年間鹿児島の大学病院で働き、結婚を機に引っ越してきました。2か所目は大学病院ではなく、かといって個人病院ほど小さくはない総合病院がいいと思って探していて、主人の地元が池上線沿いだったこともあり、通勤が便利なところで選びました。

職場の雰囲気など、実際に働いてみた印象は?

最初は4-B病棟に配属になり、スタッフも生き生きした雰囲気で楽しく働いていました。妊娠がわかったときや切迫早産で自宅安静になったときもしっかりと休ませてもらい、あまり動かなくていい業務に変えてもらえました。ただ、2年半の育休からの復帰時は緊張しました。それでも人間関係が良く、いろいろ教えてもらえる環境で、休みの日や帰りの時間なども配慮してもらえていると実感しています。

仕事のやりがい

子どもが2歳と4歳で、救急車や聴診器のおもちゃで遊びながら、「ママのしごと」としゃべっているのをみて、頑張ろうと思えます。仕事は自分のためだけに働いているわけではないので、私の場合は子どもが活力となっています。

どんなキャリアアップを目指していますか?

今は新しいことを覚えたり、家庭もあって余裕がなかったりするので、そこまでキャリアアップについて考えることはないですが、とりあえず現状維持していきたいです。少し落ち着いてきたら、ゆくゆくは視野を広げて働けたらと思っています。

プライベートの過ごし方は?

救急病棟では目の前で患者さんが亡くなるなど、厳しい現場であり、ときに家に気持ちを持ち込んでしまうこともあります。そういうときはとにかく寝る。または、子どもと遊んで癒されて、気持ちを発散しています。休みの日があれば、子どもたちと何をしようかなと思って仕事も頑張れますし、そうやって仕事とプライベートでメリハリをつけています。

病院の良いところ!アピールできるところは!?

師長さんや職場のサポートもあり、医師も看護師のことを気にかけてくれて嬉しく感じます。定時で帰れるようにみんなで協力する動きがあり、子どもがいても働きやすい職場です。

お問い合わせ

03-3752-3151(代表)

〈採用担当〉総務人事部 飯田

ネットからお問い合わせ

先輩インタビュー