教育体制

教育理念・目標

教育理念

対象者に最善の看護を考え、看護実践できる看護師の育成を目指す

教育目標

  1. やさしい看護、癒しの看護を提供する
  2. 安全の感性を伸ばし、安心できる看護を提供する
  3. 専門職として研績を積み、質の高い看護を提供する
  4. 専門職としてのキャリア開発ができる
  5. 後輩・後任育成に努めることができる

勤務体制など

勤務体制 2交代制
看護理論 ナイチンゲール看護論を推奨
看護方式 平成27年度よりPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入
負担軽減 各部署に看護補助者を病棟にはクラークを配置して、看護師の業務負担を軽減。補助者は早出・遅出の出勤体制を取り入れておりチームの一員として業務をおこなっている。

教育体制

  • 新卒・新入職者をチームでサポート
  • パートナーと一緒に学び、ペアがサポート
  • 新入職者は初回の夜勤は4名体制フォロー(基本は3名体制夜勤。部署により異なります)
  • 新卒者は約1か月の集合研修制度。以後2年間フォロー教育体制。
  • クリニカルラダー(ラダー研修)
  • eラーニング
  • 認定看護師による特定分野の教育(乳がん看護/皮膚・排泄ケア/重症ケア/糖尿病ほか)
  • 目標管理システム

年間の教育計画(新人向け)

ラダーI(新人1年目)

4月 1か月研修
5月 夜勤前研修・看取りの看護
6月 夜勤後フォロー
7月 留置針挿入技術
8月 急変時の対応① 意識レベル、呼吸
9月 急変時の対応② モニター心電図、血圧、脈拍
10月 看護計画の立案・評価修正
11月 ケーススタディの進め方
12月 看護倫理
1月 ケーススタディ
2月 院内における委員会の活動と実際
3月 「パートナーNS」の心得

ラダーII(新人2年目)

〈到達目標〉看護過程に沿った個別的ケアを実践でき、状況に沿ったリーダーシップがとれる。

  1. 社会人、医療人としての基本的コミュニケーション技術を身につけ、人間関係を築き、調整を図ることができる。
  2. 医療安全の提供と情報保護を厳守し、医療者として倫理ある行動ができる。
  3. 向上心を持ち目標達成のために自ら活動できる。
  4. 組織の中で自己の役割を見出し、役割を果たすことができる。
  5. 看護観を確立し、プレゼンテーションができる。
4月 ケーススタディ発表会
5月 パートナ-Nsの心得
6月 看護研究の進め方
7月 KYT
8月 感染
9月 看護倫理
10月 看護研究プレゼン方法
11月 災害時看護
12月 看護研究発表会
1月 新年会
2月 看護必要度とは
3月 リーダーシップ

看護部