脳神経外科

脳卒中、脳腫瘍、神経外傷、脊椎脊髄疾患など、脳神経と脳血管に関する外科的治療を専門にしています。脳卒中や頭部外傷などの急性期疾患から慢性期の経過観察まで継続的な診療を提供しています。

脳神経外科の特長

当院では救急外来が設置されており、脳神経外科領域である脳卒中野頭部外傷などの緊急処置を有する患者さまを受け入れることが可能です。緊急時に必要な採血検査はもとより、脳MRI・MRA、三次元CT脳血管撮影、脳血管造影検査など超急性期脳卒中に必要は検査を24時間体勢で行うことかできます。

救急外来

診療方針

脳神経系の病疾患は発症から間もない急性期の診断・治療から始まり、症例によっては外科的治療が行われます。その後も薬物療法に加え、機能回復のためのリハビリテーションが行われ、退院や再発予防に向けて食事・生活環境始動および薬物療法が行われます。これらの過程を専門病棟の看護師、経験豊かなリハビリスタッフ(理学・作業・言語療法士)、栄養士、社会福祉士(MSW)、退院支援ナースが一丸となって患者様の回復、社会復帰をサポートします。

対象とする主な病気

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)
発症4.5時間以内の脳梗塞には血栓溶解療法が施行可能。血管内手術による動脈瘤塞栓術や頸動脈狭窄に対するステント留置術も施行可能。
頭部外傷(急性硬膜下・外血腫、頭蓋骨骨折、慢性硬膜下血腫など)
必要に応じて入院経過観察もしくは外科的治療を緊急で行います。
脳腫瘍
頭痛
神経学的診察と画像検査による正確な診断の下薬物療法、生活環境の改善などの指導が中心となります。
水頭症
治療可能な認知機能低下を来す疾患である正常圧水頭症に対する髄液の短絡術を行えます。
痙縮
脳卒中後の痙縮に対するボトックス療法が施行可能です。

検査や診断方法

CTスキャン/三次元CT血管撮影
マルチスライスCT(80列と64列)装置が24時間可動。外来でも脳血管の詳細な評価が可能。
MRI
1.5T 2台で24時間の迅速な検査が可能。
SPECT検査
脳血流の評価、パーキンソン病や認知機能低下性疾患の補助診断、脳腫瘍の診断に有用です。
頸動脈超音波検査
脳梗塞の一因となる頸動脈の動脈硬化、血栓形成の診断を行えます。

診療実績

2018年度
経皮的脳血栓回収術 1件
経皮的頸動脈ステント留置術 4件
減圧開頭術(その他) 1件
水頭症手術(シャント手術) 7件
脊髄ドレナージ術 2件
穿頭脳室ドレナージ術 6件
頭蓋内血腫除去術 3件
脳血管内手術 5件
脳動脈瘤頸部クリッピング 2件
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15件
その他の手術 1件
脳血管造影検査 5件

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

脳神経外科

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。

女性医師

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前

東郷 康二

下地 一彰

儘田 佳明

東郷 康二

野中 康臣

東郷 康二

宮嶋 雅一

儘田 佳明

中村 俊介

東郷 康二

第1・3週

儘田 佳明

第2・4週

下地 一彰

第1・3週

中村 俊介

第2週

午後

儘田 佳明

下地 一彰

野中 康臣

東郷 康二

中村 俊介

所属医師

脳卒中・神経センター長、脳神経外科科長
儘田 佳明

脳神経外科、脳卒中・神経センター

資格など 日本脳神経外科学会認定専門医
日本頭痛学会認定専門医・指導医
身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
難病指定医

脳神経外科副科長
東郷 康二

脳神経外科、脳卒中・神経センター

資格など 日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳神経血管内治療学会認定専門医
身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
難病指定医

非常勤
中村 俊介

脳神経外科

資格など 和歌山ろうさい病院救急科部長
日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳卒中学会認定専門医
日本救急医学会認定専門医
日本リハビリテーション学会認定臨床医

非常勤
宮嶋 雅一

脳神経外科、脳卒中・神経センター

資格など 順天堂大学医学部付属順天堂医院脳神経外科先任准教授
日本脳神経外科学会認定専門医
神経内視鏡技術認定医
難病指定医

非常勤
野中 康臣

脳神経外科、脳卒中・神経センター

資格など 平和病院 横浜脊椎脊髄病センター副センター長
日本脳神経外科学会認定専門医
日本脊髄外科学会認定医・指導医

非常勤
下地 一彰

脳神経外科、脳卒中・神経センター

資格など 順天堂大学医学部附属順天堂医院脳神経外科准教授
日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳卒中学会認定専門医
神経内視鏡技術認定医
難病指定医

診療科