重要なお知らせ

呼吸器外科

2020年1月6日(月)より、臨床研究「低線量CT肺がん検診 無作為化比較試験」を呼吸器外科外来で実施致します。

本研究では、①胸部CT検査による検診と②胸部X線検査による検診(希望により内臓脂肪CTを付与)の比較試験を実施し、胸部CT検査の有効性を検証します。

①、②をご自分で選択することはできませんが、いずれも無料で受けられる検診になっております。ご興味のある方は、この機会に是非、ご参加下さい。本研究の対象条件は「低線量CT肺がん検診(PDF)」をクリックして御確認ください(50-70歳、無~軽喫煙者等)。ご参加頂ける方は、PDFの内容を確認後、下記「本研究用コールセンター」まで、お電話でお申し込み下さい。定員になり次第締め切りとさせて頂きます。多数のご応募お待ちしております。

池上総合病院

本研究用コールセンター

0120-966-361

2019年4月1日より呼吸器外科医が常勤となり、入院・手術が対応可能になりました。

肺がん、気胸、縦隔腫瘍など胸部に生じた病気(心臓や食道は除きます)を外科的な処置や手術で治療する科です。

受診時のアドバイス

健康診断で胸に影があると言われたら、即座の受診をお勧めします。その際は、可能であればレントゲン写真をご持参ください。また、胸痛・息苦しさなどがありましたら、気胸という病気の可能性もありますので、がまんせず、当科を受診してください。

禁煙外来

呼吸器外科の特長

小さな創(キズ)で手術をする胸腔鏡下手術を得意分野としております。
常勤医は、胸腔鏡手術に力を入れている東海大学の医局から出向しております。

診療方針

良性疾患、悪性疾患ともに、確実な治療を第一とし、かつ、なるべく患者さまのお体に負担のかからない低侵襲な手術をこころがけております。

対象とする主な病気

自然気胸
肺を覆っている膜に穴があいて空気が漏れ、肺がしぼんでしまう病気です。
良性肺腫瘍
過誤腫、奇形腫などの種類があります。それぞれ胸腔鏡下手術で治療を行っています。
肺がん・転移性肺腫瘍
手術適応のある症例では、胸腔鏡下手術で治療を行っています。
縦隔腫瘍
胸腺腫などの種類があります。胸腔鏡下手術で治療を行っております。
胸部外傷
肋骨骨折、外傷性気胸、外傷性血胸などを扱っています(除:血管塞栓術必要例)。

検査や診断方法

CT
胸の中を細かく断層撮影します。
気管支鏡検査
気管支の中をカメラで観察し、必要時、肺の影をつまんで顕微鏡で検査します。
胸腔鏡検査
胸腔鏡でお胸の中を観察し、必要時、肺や胸膜などを採取して顕微鏡で調べます。

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

呼吸器外科

※【禁煙外来】隔週での診察となりますので、診察日については呼吸器外科外来受付までお問い合わせください。

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。

女性医師

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前

中村 雄介

渡邊 創

中村 雄介

東 陽子

中村 雄介

加賀 基知三

第2週のみ
A館2階内科診察室

午後

渡邊 創

東 陽子

第2週のみ診察15時まで

所属医師

呼吸器外科科長
中村 雄介

呼吸器外科

資格など 日本外科学会認定外科専門医・指導医
日本呼吸器外科学会認定呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
肺がんCT検診認定機構 肺がんCT検診認定医師
身体障害者福祉法指定医(呼吸器機能障害)
難病指定医
医学博士

非常勤
加賀 基知三

呼吸器外科

資格など 北海道大学病院呼吸器外科診療教授

非常勤
渡邊 創

呼吸器外科

資格など 東海大学医学部外科学系呼吸器外科学教室講師
日本外科学会認定外科専門医
日本呼吸器外科学会認定呼吸器外科専門医
医学博士

非常勤
東 陽子

呼吸器内科、呼吸器外科

資格など 東邦大学医療センター大森病院助教

診療科